HOME > お役立ち情報

お役立ち情報

お役立ち情報について

ゴルフ場最新情報や、ゴルフ会員権購入のためのお役立ち情報をお伝えいたします。


最新情報ローンについて減額?ゴルフ場会員権と税金について

新着情報

ゴルフ場最新情報

平成28年11月 4日更新 色々情報

 
 
千葉カントリークラブ週日会員権募集のご案内
●募集金額 男性 入会金250万円(税別)+入会預り金50万円  
●募集金額 女性 入会金290万円(税別)+入会預り金50万円  
※週日会員…土曜、日曜、祝日以外の平日にプレー可能
 
 
年会費、週日会員 40,000円(税別、4月~3月)  
募集口数、個人法人を合わせて50名(内、女性は10名まで)  
入会条件、現会員の推薦、現、会員が在籍5年以上の場合は1名、5年未満の場合は2名  
※お知り合いの方でいない場合はご相談下さい。
 
 
メンバーとしての特典
関東5倶楽部相互利用提携コース  
総武カントリークラブ/相模原ゴルフクラブ/戸塚カントリークラブ  
千葉カントリークラブ/府中カントリークラブ  
●上記5コースで各月1回平日に限りプレー可能  
●1組の予約でゲストの同伴も可能  
●プレーフィーはシーズンによって異なります
 
 
他に、大浅間ゴルフクラブ/札幌ゴルフ倶楽部輪厚C、由仁C  
の2コースはほぼメンバー料金にてプレー可能です。
 
 

平成28年11月 5日更新

ゴルフ会員権の現況
 
日銀はデフレ脱却に向けて大規模な金融緩和を続けており、雇用者数の増加など効果が出ているもののインフレ目標2%は達成できず、給料もあまり上がっておらず、国内総生産(GDP)の60%を占める個人消費が低迷している。平成26年4月から消費税が5%から8%に上げたこともかなり影響していると思われる。そして、政府は国と地方合わせて7.5兆円の財政出動を決定し、日本経済再生に舵を切った。
 
一方、関東圏のゴルフ会員権相場は年初より10%下落している。特に、名門、高額コースの落ち込みが大きい。やはり、名義書換料や入会預託金や年会費が高すぎることが大きな原因と思われる。大衆コースや中堅コースは少しは下がっているが横ばいもしくは上がっているコースも散見される。しかし、これだけ下がってくるとゴルフシーズン到来ということもあって、全価格帯に買い注文が少しずつ入ってきている。今までの会員権相場は株価と連動していたが、最近はほとんど連動しなくなっている。ゴルフ会員権相場は自律相場を形づくっているのか、また、他の要因があるのかを検証していきたい。
 
ゴルフシーズンたけなわとなり、どこのゴルフ場も土日祝日は予約はいっぱいであり、平日でもゴルフコンペで賑わっている。全国ゴルフ場の延べ入場者数は今までのピークは平成4年の1億232万人で、平成27年度は8800万人であり、以外にもピークから14%しか減っていない。そして、2020年の東京オリンピックのゴルフ競技に向けて、ますますゴルフへの関心が高まり、注目されることを期待したい。
 

【東日本コース】

  会員権単純平均値 前週比
2016.10.20 112.5万円(347コース)  -1.5万円
2016.10.27 110.9万円(349コース)  -1.6万円

関東ゴルフ会員権取引業協同組合より (   )は銘柄数


平成28年11月 1日更新 最新情報

 
 
名義書換再開
白鳳CC      
平成28年10月1日より      
正会員 【名義書換料】80万円(税別)
 
 
名義書換再開
八幡CC      
平成28年10月1日より      
【名義書換料】正会員 20万円(税別)      
【名義書換料】平日  20万円(税別)
 
 
名義書換料改定
飯能グリーンCC      
平成28年10月1日より      
正会員 【改定前】200万円(税別)⇒【改定後】100万円(税別)      
平日会員【改定前】100万円(税別)⇒【改定後】 50万円(税別)
 
 
名義書換料改定(キャンペーン終了)
大宮国際CC      
平成28年10月1日より      
正会員 【改定前】50万円(税別)⇒【改定後】20万円(税別)      
平日会員【改定前】30万円(税別)⇒【改定後】15万円(税別)
     
※証券額面と名義書換料の相殺が出来なくなりました。